平成25年度 神戸地区活動報告

地区世話人 原田 寛司

今年度の神戸地区は、メインイベントとして第11回ヘリテージマネージャー大会の開催がありました。他にも多岐にわたる活動が展開されました。活動の活発化により、次の段階に向けての目標、課題が認識された1年であったと思われます。
以下に今年度の活動概要を記します。

第11回ヘリテージマネージャー大会

6月1日(土)KIITO(デザイン・クリエイティブセンター神戸)
前回の中西播磨地区での大会で開催地が一巡し、今大会から二巡目となりました。詳細は本ホームページの別ページに譲りますが、県内のヘリテージマネージャー以外に県外の2府13県からも多数のご参加を頂き、全体で凡そ300名近くの規模となりました。改めてご参加下さった方々、発表・展示にご協力を賜りました方々、準備・運営に携わって頂いたスタッフ各位に厚く御礼申し上げます。

「NPO法人ひょうごヘリテージ機構H2O神戸」の活動開始

昨年の2月にNPO法人として認可されました「特定非営利活動法人ひょうごヘリテージ機構H2O神戸」(通称「NPO法人H2O神戸」)は、今年度が実質のスタートの1年となりました。主な活動実績、活動中事項は以下のとおりです。

天上寺旧山門

天上寺旧山門での現状説明

S株式会社事務所の国登録有形文化財申請業務

旧ジョネス邸の保存活動への協力

摩耶山天上寺旧山門の保存活動への協力(活動中)

神戸文化財データ整理事業(活動中)

神戸諏訪山ふれあいのまちづくり協議会との共催による諏訪山地区まちあるき

1回の意見交換会

現在、会員数は37名で、随時新規会員を募集しております。

第13回神戸建築物語への協力

神戸建築物語

旧居留地15番館にて

914日に第13回神戸建築物語~旧居留地まちあるき~(神戸市都市計画総局まちのデザイン室主催)が開催されました。午前中足立裕司・山本俊貞両氏による講演が行われ、午後からは総勢65名が3班に分れての、まちあるきが行われました。神戸地区から8名のヘリテージマネージャーが、各班のガイド役として参加しました。神港ビルヂング、日本真珠会館において内部見学を行い、旧居留地15番館、明石町筋等を外部から見学しました。

ひょうごの近代住宅100選・近代住宅定期点検活動

今年度も点検実施(20件)・ポスティング(16件)を実施しました。これ迄の点検活動は25年度で一区切りとなりますが、26年度より新しい枠組で継続される予定です。

神奈川県建築士会横浜支部の来神に伴う交流会

神奈川との交流会

神奈川県建築士会との交流会

213日に神奈川県建築士会横浜支部から18名の方々が来神されました。13日は、旧居留地と北野・山本通の2班に分かれて、まちあるきを行いました。神戸地区からは5名のヘリテージマネージャーがガイド役として同行しました。夜の懇親会では、神戸地区から8名が参加し、和やかに歓談が交わされ交流を深めました。
14日は、淡路島を巡る見学会が行われる予定でしたが、雪による交通機関への影響があり相楽園等の市内見学となりました。

有志メンバーによるその他の活動・出来事

  • 昨年7月文化庁より、山本通3丁目にある「坂井家住宅」が国登録有形文化財として文部科学大臣へ答申がありました。今回の登録申請業務に神戸地区の3名が携わりました。同じく答申された高砂市の「松宗蔵」の登録申請業務にも1名が携わりました。
  • 長田区の和洋折衷住宅K邸の活用への取組み、実測作業。
  • 旧西尻池公会堂の保存に向けた活動
  • 塩屋の旧ジョネス邸の保存運動への協力