兵庫県ヘリテージマネージャー修了者向け 実践演習コース① 【登録文化財申請のための調査、書類作成習得】 受講者募集のご案内

登録文化財申請のための調査、書類作成のノウハウを習得することを目的に、以下のとおり実践演習コースを開催します。

1 開 催 日 平成26年9月27日(土)、10月18日(土)19日(日)、11月15日(土)
2 会  場
9/27、11/15:神戸市中央区内(会場は受講決定者に追ってお知らせ)
10/18~19 :豊岡市城崎町内の建物(1泊2日の合宿研修)
調査予定建築物は、「新かめや」及び「極楽寺本堂」を予定
3 受 講 料 3,000円(全3回分)
※別途、会場までの往復交通費、駐車場代及び食費は参加者負担とさせていただきます。
4 受講資格 原則、兵庫県ヘリテージマネージャー養成講習会修了者
※兵庫県ヘリテージマネージャー養成講習会未修了者(実測演習が補講対象の者)も可
全日程出席できる人
5 募集人員 18名 (3名を1班として、6班体制で演習を行います。)
6 カリキュラム
別紙 受講申込書を参照してください
7 申込期間平成26年8月2日~8月19日
(結果については8月25日頃に通知する予定です。)
なお、応募多数の場合は、抽選にて受講者を決定します。
8 申込方法
受講申込書に必要事項を記載の上、ひょうごヘリテージ機構H2O講習部会あてに電子メールにてお送りください。
9 そ の 他
補講対象者は本コースの該当講座の受講により、未受講の講義(実測演習)を充足することができます。また、カリキュラムの詳細は受講者あてに別途お知らせします。
共催:兵庫県教育委員会、神戸山手大学

第1回 全国ヘリテージマネージャーネットワーク協議会総会

昨年10月の建築士会茨城大会で設立された「全国ヘリテージマネージャーネットワーク協議会」の第1回大会が開催され、兵庫県からは下記の2名が参加しました。
ひょうごヘリテージ機構 代表世話人 沢田 伸
(社)兵庫県建築士会ヘリテージ委員会 委員長 小林賢一

◆ 総会概要
日時:平成25年2月2日(土)13:00~17:00
場所:(社)東京建築士会・(株)日本建築センター会議室
出席者:52名
・地域ネットワーク 7団体(ひょうごヘリテージ機構 他)
・賛同団体 建築士会 29団体(兵庫県建築士会 他)
・個人 1名 後藤 治(東京士会会員 工学院大学教授)
・オブザーバー 建築士会他 7団体
・全国ヘリテージマネジャーネットワーク協議会運営委員会 3名
・日本建築士会連合会 三井所会長
(この会議は文化庁の補助を受け、交通費が支給されたため、全国各地から多くの参加者が集まりました。)

◆ 総会次第
◇ 開会
挨拶 運営委員長 後藤 治
挨拶 日本建築士会連合会会長 三井所清典
司会 兵庫ヘリテージ機構 沢田 伸
◇ 第1部
○ アンケート結果の報告(全国の現状)
養成講習会を開始した団体の現状と課題の報告(動機、問題点 等)
【群馬建築士会】
平成24年度群馬県歴史的建造物の保全・活用専門家養成講座(第1期)について
【岡山県建築士会】
「歴史的建造物保全・活用促進事業創設」について
○ 既存ネットワークの活動紹介(ネットワークの役割と課題 等)
【KOMO(古材文化の会伝統建築保存・活用マネージャー会)】
【ひょうごヘリテージ機構】
【静岡県ヘリテージセンター(SHEC)】
ヘリテージマネージャーの新しい取り組み
【熊本県建築士会】
九州地区における歴史的建造物の被災調査・復旧支援のしくみづくり

第1回 全国ヘリテージマネージャーネットワーク協議会総会
ひょうごヘリテージ機構の活動紹介の様子

◇ グループ懇談
第1部のアンケート結果・各団体の報告を受け、7・8名のグループで懇談
◇ 第2部
○ 意見交換
・各グループから懇談結果の報告
・上記報告に基づく意見交換
(テーマ)
人材育成について
活動ネットワークの構築について
協議会の役割と課題について
平成25年の活動計画について(協議会の運営、全国HM大会など)
平成25年活動計画書には『協議会創設後1年目の活動としては、身の丈に合ったものとし継続性を視野に入れつつ、当面の目標である「人材育成の全国展開と活動組織構築の支援」を図っていく』とありました。

「第1回全国ヘリテージマネージャー大会」及び「第2回総会」は、今年秋の建築士会全国大会(島根県)に合わせて開催を検討しています。
・まとめ
◇ 閉会

兵庫県近代和風建築総合調査協力

平成23年度から、兵庫県教育委員会文化財課の協力依頼を受け、兵庫県ヘリテージマネージャーが、調査協力を実施。

近代和風建築とは

明治元年から昭和20年までに建築された建築物のうち、

  1. 伝統的様式や技法で建てられた木造建造物
  2. 一部洋風の様式や技法が用いられているが、主に伝統的様式や技法で建てられた建造物

調査の目的

県内の近代和風建築の所在確認とその評価

  1. 保存すべき指定・登録文化財を抽出する基礎資料
  2. 地域に身近な資産を周知する材料として活用

平成23年度の調査報告

  1. 悉皆調査:39名の調査員委嘱による84日間の調査。
    調査員以外のヘリテージマネージャーからも多数の情報提供を受ける。
    あわせて7,540件。
  2. 詳細調査:12名の調査員を委嘱し、延べ20日間で4件の調査。

 

 

平成23年度 神戸地区活動報告

平成23年度神戸地区活動報告

地区世話人 田村 均

今年度の神戸地区は、前年度からのさまざまな取り組み・活動が新たな段階へと発展し、充実した活動が展開されました。以下にその概要を記します。

主な活動

準備委員会活動

西区タウンウォッチング

前年度に会を立ち上げてから月一回の会合を持ち、今年度は5月に長田区、7月に西区、10月に兵庫区のタウンウォッチングを催しました。

また、定例的に会合を持つことから、県の近代和風建築総合調査や市の近代建築データバンクなどの活動打ち合わせの場としても活用され、新たな展開がなされました。

〔活動期間〕平成22年4月~現在活動継続中
〔担当メンバー〕菅原桂子、栗林郁子、高橋眞治、三上利明、田端健二、萩原正五郎、原田寛司、山名正信、今津勲、田村均他有志の方々

近代和風建築総合調査活動

今年度から3年間にわたり県教育委員会の事業として県内の近代和風建築の調査にあたり、神戸市においても悉皆調査、詳細調査を実施することになりました。

中尾氏が精力的に情報収集・提供され、西区の悉皆調査は原田氏、北区は谷守氏が担当して県教委に成果物を提供されました。

また、詳細調査として有志により舞子ホテルの基本図面作成・写真撮影・所見の提出がなされました。

〔活動期間〕平成22年4月~現在活動継続中
〔担当メンバー〕中尾嘉孝、原田寛司、谷守正康、高橋眞治、今津勲、芝崎康子他有志の方々

ひょうご近代住宅100選・近代住宅定期点検活動

昨年度に引き続き神戸地区から多数の有志が事務局メンバー及び点検員として参加し、活動打ち合わせや現地確認・ポスティング、1次・2次の現地点検と報告書作成に携わりました。

〔活動期間〕平成21年12月~現在活動継続中
〔担当メンバー〕萩原正五郎氏他活動参加メンバー

歴史的建造物の保全・活用提案事業

前年度より諏訪山住宅群(T家)を対象としての調査・活用提案が、今年度も住宅の庭木の整備や見学会の開催などの実地活動を通じて継続してなされています。

〔活動期間〕平成22年7月~現在活動継続中
〔担当メンバー〕萩原正五郎氏他地区有志メンバー

H邸の蔵掃除お手伝い

H邸蔵掃除

ひょうご近代住宅100選定期点検活動から発展して、H邸を担当した山名氏が所有者と良好な信頼関係を築いて、蔵掃除をお手伝いするというイベントが企画されました。

神戸地区メンバーを中心に十数名が参加し、皆さんほとんど休憩も取らず熱心に働かれ、天気にも恵まれて作業はスムースに進行・終了し、所有者に大変感謝されました。

後述の旧西尻池公会堂のお掃除イベントもそうですが、こうした地道な活動を継続・拡大して、所有者や社会に受け入れられていくことはヘリテージマネージャーの活動の在り方のひとつとして大切なことと感じました。

〔活動期間〕平成23年10月~現在活動継続中
〔担当メンバー〕山名正信氏他地区有志メンバー

登録有形文化財申請業務

M家住宅(旧M邸)が前年度来の調査を経て平成23年12月に答申されました。

〔活動期間〕平成22年6月~平成23年12月
〔担当メンバー〕水谷忠清氏他地区有志メンバー

神戸近代建築データバンク

兵庫タウンウォッチング平成20年度に旧生田区の調査がなされましたが、この度新たに、東灘・灘・旧葺合・兵庫の4区内の兵庫県近代化遺産に取り上げられた建物を対象にヒアリング調査が実施されることになりました。

8期・9期などのメンバーの皆さんに積極的に参加いただき、二十数名により今年度と来年度にわたって調査活動予定です。

〔活動期間〕平成20年7月~現在活動継続中
〔担当メンバー〕小林賢一氏他活動参加メンバー

その他

  • アドバンスコース「拓本の取り方教室」に地区メンバーの参加神戸市が近代建築データバンクに関連した図面作成業務を建築士会を通して地区メンバーに委託
  • 北野異人館の耐震診断を文化庁補助事業として申請する取組を地区メンバー有志がお手伝い
  • 旧N公会堂のお掃除イベントに地区メンバー有志が協力など

 

以上